ボトックスならエラのトラブルも解消【小顔の取り組み】

  1. ホーム
  2. メスを入れない治療

メスを入れない治療

顔を触る人

安全なのがメリット

顔のシワやたるみを改善する方法として、近年ではボトックス注射をする方法が人気となっています。ボトックスとはボツリヌス菌が産生する毒素を人体に有効に使用できるように処理した物であり、シワやエラといった改善が困難な症状の治療ができるという特徴があります。従来の美容整形方法と異なるのはメスを使用しない事であり、手術痕が残らず早く治療を終えることができるというメリットがあります。ちょっとした整形であることからプチ整形という名前で呼ばれており、費用も安価であることが多くなっています。エラが張ってしまう原因は咬筋の発達過剰と言われており、ボトックスを注射することで咬筋を正常な大きさまで収縮させるという治療方法となっています。咬筋に直接注射する方法が主流であるため治療方法は一つであることが多くなっていますが、ボトックスは様々な製薬会社で製造されているため薬の種類がそれぞれ異なっています。種類によって治療効果の大きさや価格が異なっていますが、副作用が発生する恐れのある物も存在します。そのため、効果よりも安全性の高い物を選ぶことを最優先にするべきと言えるでしょう。
多くの場合ボトックスを使用したエラなどの治療は美容外科などでよく行われているため、治療の申込みは美容外科のあるクリニックなどに申込む必要があります。ボトックス治療の申込みでは必要事項を記入するといった一般的な手続きに加えて、エラなどをどこまで改善したいかといった本人の希望を医師に伝える必要があります。そのため、治療期間はなるべく短めで、少しだけエラの張りを改善したいといった治療方針を決めやすい具体的な希望を前もって考えておくのが良いでしょう。また、ボトックスは安全性が高くなっていますが薬の一種であるため、服用している薬との相互作用やアレルギー体質などにも注意する必要があります。特にアレルギー反応には細心の注意を払う必要があるため、肌が弱いといった情報は伝えておくことが望ましくなっています。この事から、申込みの前にはかかりつけの主治医との相談などをしておき、服用している薬の資料なども提出するようにするのが安全のためにも良いと言えるでしょう。