ボトックスならエラのトラブルも解消【小顔の取り組み】

  1. ホーム
  2. 薬剤投与による小顔整形

薬剤投与による小顔整形

ナース

顎のラインを整えて美顔に

金属製のローラーなどで小顔を目指していても、どうしても気になる部分がありますね。輪郭がシャープになった分、顎のエラが目立って気になりはしませんか。そのエラ、ボトックスで小さくできるかもしれません。ボトックスとは、ボツリヌス菌の毒素を弱めた薬のことです。 この薬は筋肉に注射するとその筋肉を弛緩させる働きがあります。弛緩というのは緩むということですが、張り詰めて膨らんでいる筋肉をやせ細らせる効果があるのです。このことから、美容整形においてボトックスエラということが考えられました。この方法は顔の左右のエラに注射で薬剤を注入し、顔をほっそりとさせます。施術はわずか5分ほど、注射をするだけの手軽なプチ小顔術なのですが気をつけることがあります。それは信頼できるドクターのいる美容整形にお願いすることです。なぜならば、ボトックス注射は正しいノウハウの元で施術しないといけないからです。ボトックス注射の指導医の資格をもつドクターがいること、そして施術経験が豊富であることがポイントです。
ボトックスとは、ボツリヌス菌から取り出された毒素を、生理食塩水で10倍に薄めた薬剤です。顔にある表情筋をこの薬剤を注入することにより弛緩させ、筋肉のひきつりや硬直をとりさることが目的です。元々は顔面痙攣や小児脳性麻痺の治療のために用いられていました。やがてその効果が表情の改善に役立つことから、美容整形にも使用されるように為りました。美容整形の使いみちは広範囲あり、お顔のシワ取りや多汗症の方への脇汗対策、エラ張りを細くするなどがあります。方法は注射器によって薬剤を対象部分に注入することで行われます。施術に要する時間は5分から10分、短時間で済みます。施術にはボトックス注入指導医の資格が必要です。整形外科で施術を受けられる際には、ドクターの資格、実績に注意して依頼されることをおすすめいたします。美容整形で行われるボトックスには、厳密にはその名称を使うべきではない施術も存在します。ボトックスはアラガン社の登録商標であり、厚生労働省からの認可を受けた製剤です。ボトックスによるエラの美容整形を受ける方は、認可製剤であることや医院としての形成外科での施術を受けてください。