職業の魅力

授業風景

保育士になるためには、高校卒業後に短大や大学などに進学して、保育の学習をし、資格を取得する人がほとんどです。
短大や大学では、幼稚園教諭の免許も併せて取得できる場合も多く、卒業後にどちらの道に進むか選ぶこともできます。
また、通信教育で学習し資格をとることも可能です。
一度ほかの仕事に就いても、子どもが好きだという理由で通信教育を利用する人も多いです。
働く女性はますます増えていき、保育士という仕事は、これからますます必要とされる職業の一つでしょう。
結婚しても続けられる仕事なので、子育て真っ最中でも、同じ年頃の子どもたちを保育しますから、預けているお母さんたちにとってみたら、悩みも共有でき、力強い相談相手となるでしょう。

同じ幼児をみる仕事として、幼稚園教諭もありますが、まず管轄が違うのをご存知でしょうか。
幼稚園教諭は文部科学省の管轄ですが、保育士の場合は厚生労働省の管轄であり、教諭ではありません。
でも、子どもを育てていくという大まかな目的は同じなので、それぞれの免許や資格を所有していても、自分の好きな方を選べばよいのです。
幼稚園教諭の場合は、公立幼稚園でない限り、結婚したら仕事をやめなければならないところもあるようです。
しかし、その点保育士は結婚しても、子どもが生まれても退職するまで続けることができ、仮に途中でやめてしまっても、非常勤講師として仕事ができますから、一生続けていきたいという気持ちがあれば、保育士の方がいいのかもしれません。