ボトックスならエラのトラブルも解消【小顔の取り組み】

悩みと別れるために

注射
顔のエラが気になる場合、ボトックス注射を打つ方法がありますが、費用が安いことや、エラ以外にもアゴが小さくなることからも、人気となっています。また、医者選びとしては、キャリアを多く積んでいて、話をよく聞いてくれる医者を見つけることが大事です。

薬剤投与による小顔整形

ナース
お顔の手入れをしていると顎のラインが気になり、どうにか今よりも小顔になれないかと考えていませんか。ボトックスによる美容整形でそのエラを細くすることが期待できます。施術を受けられる際には資格を持つドクターに依頼されると良いでしょう。

メスを入れない治療

顔を触る人
ボトックス治療はエラの張りを改善する方法であり、咬筋に注射するのが一般的となっています。数種類のボトックスがあるため、安全性の高い物を選ぶのがベストです。治療に申し込みの際には、アレルギー体質の有無や自身の希望を伝えることが必要です。

明確に理解して活用

相談
エラの悩みを解消するのに、外科的なアプローチを必要としないのがボトックス注射のメリットです。ダウンタイムを軽減するため、日常生活に支障なく時短治療が可能になるでしょう。希望条件に合う医療機関で施術を受けるために選定基準も大切です。

小顔注射で笑顔に

女性
鏡を見るごとに嬉しさを感じられると評判なのが、エラの咬筋にボトックスを打つ小顔注射です。片方で5千円台などで受けられる場合も多いのですが、治療を受ける際はカウンセリングを丁寧に行ってくれ、アフターフォローも整う美容整形外科を選びましょう。

小顔にするプチ整形

婦人

5分程度の簡単な治療

アゴのエラが張り出しているために、顔が四角く見えることを気にしている人は少なくありません。このエラをなくすだけで小顔になり体全体のバランスもよくなることがあります。顔のエラの原因はアゴの骨が張り出している場合と筋肉が発達している場合の2種類があります。美容整形では様々な方法でこの顔のエラをなくすことができます。アゴの筋肉である咬筋が発達して出来たエラはボトックス注射によって改善することが可能です。ボトックスとはボツリヌス菌の毒素であるボツリヌストキシンを精製して作られた薬剤です。ボツリヌス菌の毒素だと聞くと不安を感じる人もいるかもしれません。しかしこれは顎関節症や歯ぎしりなどにも効果のある薬剤なのです。もともとは病気の治療用として使われてきましたが、今では美容整形にも幅広く利用されています。ボトックスは注射するだけの簡単な治療なのでプチ整形とも呼ばれて人気になっています。また施術時間も5分程度と短いのも利点で、費用も本格的な美容整形よりも抑えることができます。
顔のエラをなくすボトックス注射をするためには、まずは事前の十分なカウンセリングが必要です。カウンセリングに納得したら治療を受けるかどうかを決めます。治療自体の時間は短く5分から10分程度ですみます。極細の針を使い、麻酔クリームなどを使うこともあるので痛みなどの心配はありません。治療後はメイクをして帰ることができますし、場合によってはその日に入浴することも可能です。ボトックス注射の効果は数週間から一ヶ月程度であらわれ、次第にエラがなくなってきます。施術後にすぐに効果があらわれるわけではないので周囲に整形したと気づかれにくいのも利点です。体質によって腫れや内出血などが出る場合もありますが、これもメイクでカバーでき、遅くても数日程度で消えてしまいます。ボトックスは咬筋を徐々に収縮させ張り出したアゴのエラを改善します。これによりすっきりした細いアゴになり小顔効果も生まれます。効果は薬液の量や品質にもよりますが半年程度持続します。定期的に治療を続ける事により小顔を保つことができます。